蒸篭デビュー(今ごろ)

c0042705_234924.jpg
ついに我が家もデビューできました(今ごろ汗)

ほんとうは“合羽橋”デビューするつもりで
ずっと買えないでいた蒸篭。

なんだかんだで行けそうもなく
あー蒸篭ほしい病。にかかる。


ネットで買えばいいじゃん、なのですが
やはり目で見て触って選ぶことができるものは、できるだけ、と。。。
合羽橋行ってみたかったし。

でもほしい病なのでそうも言ってられず
ついに先日、横浜市に用事があった帰りに
「あ、そういえば!」と
WFS天野先生のおすすめ情報を思い出し、中華街の照宝さんに寄ってみる。

ピカピカ光る中華料理の道具が美しく
あれもこれも欲しくなってしまった(^^;)

大きい24cmと
そのままテーブルに出せそうな14cm

我が家にはもともと圧力鍋1つと16cmと18cmの鍋しかないので
蒸篭専用に薄いステンレスの鍋も合わせて購入。

そうそう、我が家のフライパン。
大して料理もできないクセに憧れて、つい勢いで
ネットで注文してしまったフィスラーのでっかいのが1つ。
これはもう大き過ぎ、重すぎ、で
おまけに加熱の加減がわからず全然使いこなせてない。。。
やっぱり手に取って選ばないと、と痛感。

蒸し煮や水炒めはとてもおいしくできるし
以前のようないわゆる“炒め物”はやらなくなったので充分なんだけど
やっぱり鉄の、フツーの、フライパンも欲しいなぁ。

使い初めでいきなり焦がしてしまい、黒いのが全然落ちない(笑
それでもたまに二人掛かりで専用クリーナーで
せっせと磨くとピカピカになってくれて、妙に愛着がわいてきてる。


そういえば中華街の照宝さんで売ってたチタン製の中華鍋。
びっくりするほど軽く、20cmくらいで1万円を切るお値段。

料理することに全く興味のないカレがめずらしく反応(得意料理は炒飯と言い張るヒト)
きっとその時、カレの頭には料理の鉄人と化した自分が
シャーシャーと中華鍋を振る姿が。。。笑

本格的な料理道具を前に目がキラキラしちゃってた。
男の人は工具類とかも好きだし、
道具を揃えてカタチから入るってのもアリかもしれないなぁ、なんて。
お料理以外のことは全てやってくれるカレに
どうすれば料理も。。。あ、やばいやばい。

そういえばチタンはマクロビオティック的にアリでしたっけ?
[PR]
by mnco2 | 2005-03-22 23:31 | etc
<< 久しぶりのホウレンソウ てづくり餃子 >>