カテゴリ:イケそなお店( 6 )

鼻水と仙太郎さん

ちかごろ自分の『鼻水』がおもしろい。
でるかどうか、たくさんか少ないか。
食べた物の目安のひとつ。

あるものは当然、ドバドバーっとでるし
マシかなぁというものだとチョロチョロっと
これなら問題ないだろう、が意外にツツツーとか(^^;)
ぜんぜん反応が違う。

そんなある日、友人宅へおじゃまする手土産にせめて和菓子をと
渋谷東横のれん街でさがすことに。

いくつもある和菓子のお店の中で、そのお店は
なんとなく“すっきり”している気がして
チラッとのぞいたガラスのショーケースにきちんと並ぶ最中やぼたもちと一緒に
 “身土不二” “甜菜糖” という文字が目にとまった。

ああ、じゃあここのにしてみようと
ぼたもち二種と味噌餡の柏餅をえらんだ。

友人宅で熱々のほうじ茶をいれてもらい
当然、わたしも一緒にいただいた。

大量の鼻水を覚悟しつつ食べたそれは、わりと甘さ控えめ。
しばらくして、鼻水がチョロチョロ。
あれ〜チョロっとだなぁ。けっこうここの和菓子イケる??


そんな先日、善右衛門さんブログでこんなエントリーを発見。
へーこんな和菓子屋さんがあるのかぁ、さすが京都だ。と
さっそく検索した仙太郎さん
あれあれ、なんだかどこかで見覚えが。。。

そう、わたしが手土産にえらんだのは仙太郎さんの和菓子だったのでした。
(ぜんぜんお店の名前を気にしなかった)
いろいろがんばっていらっしゃる企業のようです。

お店にはいろいろなリーフレットが用意されていて、各商品のこだわりについてや
豆知識的な内容のもの。HPでも見ることができる。
そこに『フードマイレージ』という言葉が載っていた。
ちょっと興味深かったので一部抜粋させていただきます。

ーフードマイレージとは?ー
我々の食品(材)が運ばれてくる距離とその重量とを掛け合わせたもの、
トンキロメーター(tkm) で表わされる。
日本人のマイレージは一人当たり4200tkm。これは一人420kgの食品が
平均1万km離れた処から運ばれてくることを意味します
(因みに1万kmというと東京ーシカゴ間)。
食糧を60%以上国外に依存している日本ならではの数字。運ばれてくる間に、
どんどんビタミン等の栄養成分が失われている。。。(以下略)


仙太郎さんとこでは丹羽で小豆、米、粟などを自家栽培して
丹羽にある工場に運んでいるとかでマイレージ極小(自慢)なんだそうです。

がんばってほしいですね。
おまえもガンバレよ、か(^^;)
[PR]
by mnco2 | 2005-04-18 23:27 | イケそなお店

おばんざい居酒屋

c0042705_231948.jpg
帰りがすっかり遅くなってしまい外食
先日、ランチを食べに行って
下見をしたイケそな近くの居酒屋さんに

音音(おとおと)さん

もちろん出汁はお魚系
お砂糖もきっと使われているだろうけど
一般的な居酒屋さんより薄味?
京都風な“おばんざい”メニューが豊富で、お野菜だけのお料理を楽しめた

若筍煮
里芋と胡麻麩の湯葉味噌田楽
和田牛蒡の煮おろし
ふきの炊き合わせ
山くらげと京赤蒟蒻の炒め煮

そして土鍋ごと出てくる炊きたての白米
うーん、これを玄米にできないかのぉ〜(^^)

白米でも注文してから30分かかるから、玄米だともっと時間かかるだろうけど
土鍋で出てこなくてもいいからさ。ね。

カレも「あ〜もう玄米のほうが旨いよな〜」だって。よしよし。
でも濃厚なサバの味噌煮には「白米のほうが合うね」だそうです。そうだよね。

あと注文してないのでお味は不明ですが
お蕎麦メニューがあって、十割蕎麦の全挽か更科か選べる!
そのうちお昼に行ってみよ(歩いて行ける距離なのだ)

あ、ちなみにデザート(これ重要)はなぜかがっつりと洋風オンパレード(汗)
かろうじて葛切りをいただく
「黒蜜は別ですよね?」しっかり確認したのでした


音音さんのメニュー(ぐるなび)
京町屋 おばんざい系列店
[PR]
by mnco2 | 2005-03-09 23:29 | イケそなお店

とろろ芋と鍋 玉乃家さん

c0042705_262358.jpg
とろろ芋と鍋 玉乃家

昔の民家をそのままお店にした
レトロで懐かしいたたずまい
西麻布の星条旗通りにあるこのお店、
すきやき屋さん(^^;)

外に出されてる品書きを見て
「わたしでも食べられそうなものがあるかも」と入ってみる


c0042705_271756.jpg
きれいに手入れされた玄関で
靴を脱いで二階に上がる
土壁と木の手すり
ラジオのNHK放送?が静かに流れて
ちょっとタイムスリップした感じ
赤い座椅子にすわって、なんだかほっこり気分


彼は焼き魚定食、わたしは麦とろ定食
そう、お肉のお鍋がメインなんだろうけれど、山芋のメニューや
自家製豆腐、おひたし、お握りセット、麦ごはん、
お味噌汁とお新香のついたごはんセットなんかもある
あ、もちろん純米酒も(^^)

とろろにはうずらの玉子がのせてあったので
これなら最初にお願いすれば入れないでもらうことができそう


途中、隣のテーブルのお客さんのところで
真っ赤なお肉のすきやき鍋がはじまった時は、そのお肉の焼ける匂いが
ちょっと気になったけど、しばらくしたら慣れた。
そういえば、お店に入ってもあまり気分の悪くなる匂いがしていないかも。
良いお肉を使っているからかな?


注意して選んだメニューだけど、やっぱり全体的にかつお出汁がすごく効いていて、
期待した“キャベツ一夜漬け”を食べた彼ですら
わたしのつくる浅漬けのほうがおいしいだって(^^)


ちょっとお値段は西麻布価格ですが、変な居酒屋さんに入るより
それなりにこだわりのある料理とサービスを提供してくれる
そんなお店に行きたいと思うのでした
そして、誰とでも一緒に行ける、共存できるお店を探していきたい


わたし、お店にベジメニューを頼んだり聞いたりしたことないんですね
信仰があるワケでもないし、発作をおこすワケでもないし
なにより、もしそのお店がこだわって作っているものだったら
それを抜いてというのはすごく申し訳ないというか
失礼なんじゃないかって感じたりして

お店にもよるし、言い方や聞き方もあると思うのだけど。。。

でも最近、マクロビオティックという言葉を伝えるだけでも
お店側が「最近よく聞くなぁ、よし、対応してみるか」とか
思ってもらえるかもとドキドキしながら地道な活動をしようとか考えたり(^^;)


ちなみに店員さんに「お野菜だけのお鍋ってやってもらえますか?」と聞いてみたら
(ドキドキしちゃったし、ベジタリアンの人を誘いたいのでとか言っちゃった!)

「そうですね、事前にご連絡いただければ可能ですよ」ということでした。

なんだぁ、よいお店じゃないか!
でもお出汁は“かつを”なんだろうなぁ。。。(^^;)


山芋のメニュー
[PR]
by mnco2 | 2005-03-01 22:00 | イケそなお店

割烹 升本さん


渋谷駅の東横のれん街を横切っていたら

「保存料、合成着色料を一切使用しておりませんー」
「すべて手作りのー」

という声に振り向くと、優しい顔をしたおじさんがニッコリ。
ズラりと並んだお弁当屋さんの一角で足をとめた。
他のお客さんにいろいろ説明しているのを横で聞いてみる。

ふとリーフレットに目が止まる。
彼の実家のある亀戸で何度も近くを通ることがある食べ物屋さん。
殺伐としたあの界隈で、そこだけ優しい灯りがついていて
ちょっと行ってみたいなと前から思っていたお店のお弁当屋さんだった。
あそこ割烹だったのか。

そこで興味をひかれ、すみだ川という名前のお弁当を買ってみた。

「あさり飯」か今月のご飯である「たこ飯」を選べるという。
うーん、淡白そうなタコか、タコよりヒトから遠そうなアサリか悩み、アサリ飯に。

お弁当は揚げ物もなく、比較的あっさりしていたと思う。
お肉は軽い口当たりのつくね団子のようなもの以外はなかった。
タラの煮付け、焼き玉子、アサリの他は筑前煮とわりとマシなお総菜がいくつか。
この手のお弁当の中ではイケるほうかな。

動物性のものは味見だけして、あとは友人にあげました(^^;)

特徴的なのが、こちらのお店は「亀戸大根」を売りにしてるところでしょうか。
お弁当には亀戸大根のたまり漬けが入ってました。

割烹のほうでは契約農家で有機栽培された大根を使用した
亀戸大根特選料理としてなんだかおいしそうなメニューが展開されている。
そのほか、天然塩、有機醤油、契約農家のお米、などなど
素材にはこだわっていらっしゃる様子。。。

亀戸で外食することになったら行ってみよ。

割烹 升本(ますもと)
[PR]
by mnco2 | 2005-02-16 23:13 | イケそなお店

西麻布の利休庵さん

c0042705_1684715.jpg
このお店は
彼の職場の近くにあるので
仕事で帰れないモードの時に
けっこう利用します

ここの田舎蕎麦が好き。わらべ村さんの蕎麦に近い感じがする
ちょっとお値段高いんですけどね(^^;)
[PR]
by mnco2 | 2004-10-21 19:50 | イケそなお店

みどりえさん

c0042705_15502130.jpg
学芸大学のみどりえさんでランチ
完全なマクロビオティックじゃないけど
素材にこだわったお惣菜が自由に選べる

分煙されて喫煙テーブルがあって
ヘヴィースモーカーの友人を誘いやすいから助かる。
そういう共存できるお店がもっとあればいいんだけどな
[PR]
by mnco2 | 2004-10-17 12:46 | イケそなお店